女性ホルモンに効くおすすめのサプリ

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
女性の健康や美しさを維持する上で欠かせないのが女性ホルモンです。

 

女性ホルモンは20代をピークにだんだんと分泌量が減っていき、閉経が起こる前後の5年間、いわゆる「更年期」には、卵巣の機能が低下することで女性ホルモンの分泌量がさらに減り、やがて分泌されなくなります。それによって体調不良や情緒不安定など様々な体の不調が現れてくるのです。
それでは、女性ホルモンを増やし、バランスを整えるにはどうしたら良いのでしょうか。

 

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
今回は、女性ホルモンを増やす方法や、女性ホルモンにアプローチしてくれるサプリメントの情報などをご紹介したいと思います。
サプリメントが女性ホルモンを整えるメカニズムや、絶対に知っておきたい副作用のことまで詳しくまとめましたので、女性特有のお悩みを解消したいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

女性ホルモンが減るとどうなる?

女性ホルモンが減ると、様々な体調の変化が起きると言われていますが、具体的にどのような症状が起こるのでしょうか。

生理不順

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
生理不順とは、正常な生理周期を外れて、周期が長くなったり短くなったりするものです。生理は、女性ホルモンのバランスによってコントロールされているものなので、そのバランスが崩れてしまうと生理不順がおきやすくなります。

自律神経の乱れ

女性ホルモンを分泌させる指令は、脳が行います。しかし卵巣の働きが低下し、うまく女性ホルモンを分泌することができなくなると、脳が混乱してしまいます。これにより自律神経をコントロールする働きも鈍ってしまのです。自律神経が乱れるとうまく体温調節できなくなり、ほてりや発汗などの症状や、動悸や耳鳴り、不眠、肩こり、むくみ、頭痛やイライラなどといった体の不調が現れてしまうのです。

骨粗鬆症

更年期によく見られる症状のひとつが骨粗鬆症です。女性ホルモンにはは骨の密度を高め、骨の量を保持する機能があるので、女性ホルモンがの減少してしまうと骨がもろくなり、骨粗鬆症になりやすくなってしますのです。
女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

太りやすくなる

女性ホルモンが減ってしまうと代謝が落ちて、脂肪がつきやすく、痩せにくくなり体型が崩れて肥満の原因になります。

肌荒れ

女性ホルモンには肌にハリや潤いを与える働きがあります。そのため女性ホルモンが減ると、肌に潤いがなくなり、肌あれを起こしやすくなるるため乾燥肌や敏感肌の原因となります。たるみやシワなど肌の老化にもつながります。
女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

髪がパサパサになる、抜ける

女性ホルモンには血行を促進する働きがあるため、減少すると頭皮に潤いがなくなってしまいます。これにより、髪がパサパサに乾燥したり、抜け毛が増えたり、髪が細く弱くなってしまいます。頭皮の状態が悪化することで、髪にも悪影響が出てしまうのです。

生活習慣病のリスクが高まる

女性ホルモンには、血圧や血糖値、コレステロール値を安定させるはたらきがあります。女性ホルモンが減少することで、高血圧や糖尿病、動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高まります

 

そもそも女性ホルモンって何?

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
女性ホルモンには、脳からの指令で卵巣から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つのホルモンがあります。
「エストロゲン」は美のホルモンとも呼ばれ、美容や女性らしさ保つのに欠かせないホルモンです。女性らしい体をつくり、妊娠に備えて子宮の内膜を厚くする働きや、肌に潤いやハリを与える、体の代謝を促進する、骨密度を維持したり、自律神経を安定させるなど、体や心を安定させる働きがあります
女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
「プロゲステロン」は母のホルモンとも呼ばれ、体を妊娠しやすい状態に整えて妊娠を継続させる働きがあります。その他にも体温を上昇させる働きや、脳を落ち着かせる効果、睡眠作用があります。
女性ホルモンは、思春期から増え始め、20代でピークを迎え、それ以降は低下していき、40代後半になると分泌量が激減します。
その分泌量は、一生のうちにティースプーン1杯分ほどしかないと言われています。

 

 

まずは基本的な生活と食事を。

女性ホルモンのバランスを乱す大きな原因は、不規則な生活習慣です。生活習慣を見直すことで、ホルモンバランスも整ってきますので、まずは生活習慣の見直しを行ってみましょう
女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

睡眠をしっかりとる

睡眠は、ホルモンバランスを維持する上でとても大切です。睡眠不足が続くと体に様々な不調が出てきます。早寝早起きを心がけて質の良い睡眠をとるようにすることで、生活にメリハリがつき乱れたホルモンバランスが整ってきます

適度な運動

適度な運動は自律神経を活性化させ、ホルモンバランスを整えます。ウォーキングやストレッチなど短時間の軽い運動でも効果は期待できますので、毎日少しでも体を動かすことを心がけましょう

禁煙する

タバコに含まれるニコチンが肌や髪の老化を促すということはよく知られていますが、体の血行を悪くすることから卵巣の機能を低下させ、女性ホルモンの分泌を抑制する作用もあるのです。そのため、女性ホルモンを整え、健康で美しくあるためには今すぐ禁煙が必要ということになります。
女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

ストレスを溜めない

仕事やプライベートでストレスを多く感じるとホルモンバランスが乱れてしまうと言われています。ゆっくり入浴する、趣味を見つける、適度に体を動かすなど、1日の間でリラックスできる時間を作ってストレスをうまく解消するよう心がけましょう

体を冷やさない

体の冷えは血行不良を招き、女性ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。入浴はシャワーで済まさず、しっかり湯船につかる、冷たい飲み物ばかり飲まない、薄着しすぎないなど、冷えないように注意し、体を温めるようにしましょう

バランスのとれた食生活

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
ジャンクフードやコンビニ弁当など、外食中心のメニューを続けているとホルモンバランスが崩れやすくなります。ホルモンバランスを整えるには、規則正しい食生活が第一です。
その上で女性ホルモンを増やすための食べ物を積極的に取り入れましょう。

大豆イソフラボン

女性ホルモンと似た働きをする栄養素です。ホルモンバランスの乱れからくる様々な不調を緩和する効果があります。大豆イソフラボンは豆腐や豆乳、納豆、味噌などの大豆製品に含まれます

ビタミンE

卵巣の老化を防止し、ホルモン分泌を促してくれる栄養素です。
血行を促進する働きもあり、体の新陳代謝を高めることで、冷え症や肩こりなどの症状の緩和にも効果があります。ビタミンEは、モロヘイヤ、かぼちゃ、アボカド、アーモンド、魚卵などに含まれます

カルシウム

丈夫な骨を作る大切な栄養素です。骨粗鬆症を予防するほか、自律神経を安定させる効果もありイライラなどの精神的な症状も緩和します。す。カルシウムは牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品や、葉野菜に多く含まれます

ビタミンB群

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、葉酸の8種類をまとめてビタミンB郡と呼びます。たんぱく質、糖質、脂質の代謝を促進し、体の新陳代謝を高める効果があり、エストロゲンの代謝にも必要な栄養素です。
ビタミンB群は、にんにく、レバー、まぐろ、うなぎ、バナナなどに含まれます

ボロン

ホロンには、エストロゲンの効果を高める働きがあることが分かっています。カルシウムの排出を抑える効果もあり、骨粗鬆症予防に役立ちます。ボロンはキャベツやりんご、レーズン、アーモンドなどに含まれています

 

女性ホルモンをサプリメントで補おう!

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
女性ホルモンを増やすためには、生活習慣を整え、バランスの良い食生活を心がけることが大切ですが、あくまで基礎的なものなので、全てをそれだけで改善するというのはなかなか難しいのが現実です。
そんなときは、手軽で効果的に女性ホルモンを増やす方法として注目されているサプリメントがおすすめです。
サプリメントは薬に比べて作用が穏やかなので、副作用の心配がほとんどなく安心して摂取でき、比較的安価で手に入れることができます。現在は様々な種類のサプリメントが販売されているので、自分の体質や症状に合ったものを選ぶことが大切です。

 

女性ホルモンサプリおすすめランキング

女性ホルモンに効くサプリメントを試してみたいけれど、どれを選んだらいいのかわからないという方のために、おすすめのサプリメントをランキング形式でご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

LUNAハーバルサプリメントサプリメント

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

特徴

「LUNAハーバルサプリメント」は、女性ホルモンにアプローチすることを考えて作られたサプリメントです。月経の終わりから排卵日の始まりまでの期間である「卵胞期(きらきら期)」と排卵日の終わりから月経の始まりまでの期間の「黄体期(まったり期)」の2つの生理周期に合わせたW処方で、女性特有の体のリズムを整えて様々な不調を緩和します。
さらに、バストの下垂を防ぐ「エラスチン」や、「プラセンタ」、「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」の3大美容成分、「ザクロ」、「ビオチン」といった美容成分も多く配合されており、女性らしい美しい肌やボディをサポートしてくれます

価格

「LUNAハーバルサプリメント」は、約一ヶ月分が通常価格8,980円(税別)ですが、定期コースに申し込むと、毎月200名限定で初回のみ1,980円(税別)で試すことができます。さらに2回目以降は33%オフの5,960円(税別)で購入することができます。

内容量

きらきら期:7g(250mg×28粒)| まったり期:7g(250mg×28粒)

おすすめポイント

公式サイトで定期コースに申し込むと、初回がお試し価格で試せるほか、2回目も33%割引、全国どこでも送料無料のほか、使用して効果に満足できなかった場合は90日間の全額返金保証がついています。3回継続ごとにプレゼントがもらえるなどの特典もあるので、「LUNAハーバルサプリメント」の購入は定期コースがおすすめです。

 

 

https://c.ho-br.com/

 

ルナベリー

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

特徴

「ルナベリー」は、女性ホルモンのバランスが乱れることで起きる不調の悩みを解消するため、女性目線で開発されたサプリメントです。
女性特有のモヤモヤをケアする有効成分である「チェストベリー」をはじめ、「月見草オイル」、「ワイルドラム」、「ブラックコホシュ」など、ホルモンバランスを整える効果があるハーブ9種類を厳選配合しています。その他にも、不足しがちな「ビタミンB群」、「マグネシウム」、「カルシウム」、「イソフラボン」など女性に必要な7つの栄養素がバランスよく配合されており、肌トラブルや気持ちの浮き沈みにも効果を発揮します

価格

「ルナベリー」は、1袋1ヶ月分が通常価格4,400円(税込)のところ、定期コース「トクトクコース」に申し込むと初回購入価格は実質無料(送料500円のみ負担)で試すことができます。2回目以降は10%OFFの3,960円で購入できます(税込・送料無料)。

内容量

30粒

おすすめポイント

「ルナベリー」の定期コースは4回継続購入条件となっていますが、効果を実感できなければ120日間の全額返金保証キャンペーンを実施中です。「ルナベリー」を初めて利用するという方でも安心して始められると思います。

 

 

http://blacklabel-ol.jp/

 

高麗美人

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

特徴

「高麗美人」は、「サポニン」や「カルシウム」、「鉄分」、「ビタミンB群」など女性の美容と健康をサポートする栄養素がたっぷり含まれている「高麗人参」をギュっと1粒に凝縮したサプリメントです。サポニンには血流を改善して代謝を上げる働きがあり、全身の巡りをサポートして理想的な美と健康へと導いてくれます

価格

「高麗美人」は1ヶ月分の通常価格が3,024円(税込)となっていますが、定期コースに申し込むとさらにお得です。
1ヶ月に1袋届くコースは毎回10%オフの2,721円、2ヶ月ごとに2袋届くコースは毎回15%オフの2,570円(税込)で購入することができます。毎回送料無料です。

内容量

1袋/350mg×62粒(約1ヵ月分)

おすすめポイント

定期コースは、いつでもお届け日の変更やお休みも可能です。さらに、開封後も返品OKの「30日間返品保証制度」がついているので、万が一効果に満足できない場合でも安心です。電話での勧誘などもないので、気軽に試すことができるのではないでしょうか。

 

 

https://www.teinei.co.jp/

 

 

サプリメントの服用は副作用は出る?

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
サプリメントを服用する上でどうしても気になるのが副作用です。特に女性ホルモンに作用するサプリメントは効果が高い分、心配になりますよね。
基本的にサプリメントは薬と違い、自然由来の成分を使用しているため副作用のリスクは少なく、ほとんど報告されていないようです。
しかし、いくら安全性が高いとは言っても、過剰摂取すれば副作用の症状が出る危険があります。サプリメントはたくさん摂取したからといって効果が倍増するわけではありませんので、サプリメントを服用する際は用法と用量を守ることが大切です。

 

女性ホルモン注射は?メリットとデメリット

 

女性ホルモンの不足を補う方法として、女性ホルモン注射がありますが、サプリメントと比べどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

 

メリット

効果が出るのが早い

注射で直接血中に入るので即効性があり。効果が出やすいです

胃や肝臓に負担がかからない

皮膚から直接血中に吸収されるので、胃腸や肝臓に負担がかかりません。

 

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

 

デメリット

費用がかかる

女性ホルモン注射の費用は、病院やクリニックによって違いますが、保険適用外である上、定期的に何度も受けなければならないのでコストがかかります

痛みがある。

ホルモン注射は肩やお尻に打つことが多く、個人差もありますがかなり痛いと感じる方もいるようです。

副作用が出ることがある

個人差がありますが、気分が悪くなったり、乳房が張る、体重が増える、体がむくむといった副作用が出ることがあります。

 

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較

 

日常の生活で起こるホルモンバランスを崩す要因

女性にとって冷えは天敵

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
体が冷えると血行が悪くなり、卵巣や子宮が冷えてしまいうまく働かなくなってしまいます。卵巣の働きが悪くなると、ホルモン分泌もうなくいかなくなってバランスが乱れてしまいます。

 

ストレス

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
自律神経を司る脳の視床下部はストレスに弱く、ストレスがかかると指令がうまく出せなくなり、ホルモン分泌にも影響を及ぼします。仕事やプライベートでストレスを感じたり、疲労が蓄積していたりすると、ホルモンバランスが乱る原因となってしまいます

 

過剰なダイエット

女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較
美と健康を保つためには、バランスの良い食生活が必要不可欠です。過剰なダイエットで食生活が乱れてしまうと、女性ホルモンバランスが乱れる原因となります。